山崎富栄

 今年2度目のノンアルラストナイト。ノンアルデーの意では0日。のようです。

 

 今朝はぼんやりと「雨の玉川心中 太宰治との愛と死のノート 」。この人に然りこの人有。日記として、読物として、思想として、哲学として、資料として、遺書として、深く、深い。お墓の場所に、何かの縁を感じてしまう。いい人は貴い。特級の女。