2018

 あけましておめでとうございます。元旦の東京は雲ひとつない快晴。旭日燦々と降り注ぎ、穏やかで気持ち良い年はじまりとなりました。

 

 昨年は心身共に怪我をした状態からのスタートで、一日一日が長く、それはほとんど早く大人になりたいと願った小中高生の頃の体感時間のようでした。『新樹の言葉』の『私』のような私と自覚しているのですが、苦難或る中にも、ポジティブに生きる姿勢の大切さを再発見した年でもありました。「よいも悪いも神さままかせ、うけたおやくめひとすじに」の精神で過ごしていこうと思う『私』なのです。

 

 いい人は貴い。素敵な一年になりますように。貴方が日々笑顔で過ごせますように。いつまで経っても未熟な私ですが(相当問題あるね。笑。)、今年も宜しくお願い致します。